全画面表示を終了する

読切 お茶挽いて 文書いて

2022年09月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
お茶挽いて 文書いて

お茶挽いて 文書いて

会田薫

大正時代、吉原。かつて看板娘だった朝顔花魁と夕顔花魁は共に30歳に近づき“売れ残り”となってしまっていた。ただ一つ違ったことは、夕顔花魁には毎日手紙を書くほど熱心な人がいるものの、朝顔花魁には浮いた話ひとつ無いことだけ。そんなある日、朝顔花魁に舞い込んだ身請け話。年齢的にはラストチャンス。この縁談に賭けていた朝顔花魁だが、あえなく撃沈してしまい…。

ローディング中…

応援コメント一覧